結婚指輪にはハーフエタニティリングを検討してみましょう

重ねて使うこともできる

リング

指輪の重ね付け

以前までの婚約指輪は、プロポーズの時や結納の時に欠かせない指輪となっており、安い婚約指輪は男性の財力を表すという時代もありました。現在でもこの風習が残ってはいるものの、結婚するカップル全員が婚約指輪を購入しているかというとそういうわけではなくなってきています。ダイヤなどの宝石が入っている婚約指輪は、高価となることが多く身に付ける頻度も少なくなりがちなので、購入を躊躇するカップルも少なくありません。ですので、普段遣いできる婚約指輪が注目されており、結婚指輪と重ね付けできるタイプが人気となっています。重ね付けする婚約指輪と結婚指輪は、異なるブランドで、デザインの異なるものでもかまいません。しかし、ブランドやデザインを合わせることで、複数の指輪をつけても嫌味や主張しすぎず、指に馴染むのでおすすめです。ジュエリーショップに行くと、重ね付けタイプの指輪がありますので、重ね付けを希望している人はその中から選ぶと良いでしょう。ただでさえ高価な指輪を2つも購入すると、値段が気になるところですが、婚約指輪と結婚指輪を同時に購入すると安いジュエリーショップもあります。また、高いから良いとか安いから悪いという事はなく、指輪が持つ意味の方が大切なので、値段にこだわりすぎない方が良いです。予算的に安いものでないとというカップルには、ダイヤの大きさや数、プラチナやゴールドといった指輪の素材を変えることで対応できます。